■解説 5
▲TOP
   Artists and Concerts/Performances アーティスト・公演
   Information インフォメーション 
   Questions & Comments  お問合せ・ご意見 ▲HOME
Peter Hammill 公演 Japanese Official Website
 ≫解説1 ≫解説2 ≫解説3 ≫解説4 ≫解説5 ≫解説6 ≫解説7 ≫解説8 ≫解説9
 ≫Discography ≫Photo ≫Photo2 ≫リンク ≫Message
◆2002年 4度目の来日、I like difficulties!!◆
4度目の来日は、日本側からの提案である3公演。しかも1曲のダブりもなしにそれを行うという無謀なものであった。しかしPETER HAMMILLはこれを快諾。前年のライブで演奏中にギターの弦を切ってしまった「Primo on the Parapet」を始める前にPETERが言った言葉がタイトルの言葉である。演奏された楽曲の多くはさすがに前年と重なるものも多かったが、新作「What, Now!?」からの楽曲もあり、期待と安心感とが入り混じったバラエティに富むものとなった。



・3月16日

01. Easy To Slip Away
02. Too Many of My Yesterdays
03. Just Good Friends
04. Wendy & The Lost Boy
05. Unreahearsed
06. Amnesiac
07. Shingle Song
08. If I Could
09. Nightman
10. Like Veronica
11. Modern
12. Autumn
13. A Better Time
14. Faculty X
15. Stranger Still
16. Refugees
・3月17日(昼)

01. The Unconscious Life
02. Shell
03. His Best Girl
04. Touch And Go
05. Tango for One
06. The Comet, the Course, the Tail
07. I will Find You
08. Primo on the Parapet
09. Lunatic in Knots
10. Ophelia
11. Last Frame
12. Tenderness
13. Labour of Love
14. Edge of the Road
15. Your Tall Ship
16. Central Hotel
・3月17日(夜)

01. The Siren Song
02. Don't Tell Me
03. Curtains
04. Nothing Comes
05. Vision
06. Comfortable?
07. Been Alone so Long
08. Patient
09. Come Clean
10. Out of My Book
11. Sign
12. Here come the Talkies
13. Bubble
14. A Way Out
15. Traintime
16. Still Life


ライブ前日のファン・パーティーでPETER HAMMILL が宣言した「Three Shows, No Repeat」はこうして実現された。しかし、その条件となった「各ショーとも、アンコールは1回限り」はすべての公演を見ることの出来なかったファンにとってはつらい条件であった。しかしながら、それを考慮してもなお素晴らしいライブであったことは1回しか見ることの出来なかったファンも認めるところである。PETER HAMMILL という稀有なアーティストのライブに立ち会うことの出来る幸せを噛み締めて欲しい。(宮崎)