■解説3
▲TOP
   Artists and Concerts/Performances アーティスト・公演
   Information インフォメーション 
   Questions & Comments  お問合せ・ご意見 ▲HOME
Farmers Market
 ≫Message  ≫解説1  ≫解説2  ≫解説3 ≫Photo1 ≫Photo2 ≫Photo3 ≫リンク
■ Farmers Market
☆Farmers Market / Speed/Balkan/Boogie
 (Kirkelig Kulturverksted FXCD 148) '94

'94のJazz FestivalのLiveがいきなりのデビュー作でかつ衝撃作。殆どTradを元にした曲をFarmers Market流にアレンジし、ある意味真面目に凄まじい演奏を繰り広げられている。ブルガリア・ヴォイスも効果的。個人的には"Smesend Horo"のアレンジは驚異的でお薦めである。このLiveにてStian Carsstensenを中心としたFarmaers Marketの才能が爆裂していることが良く分かる内容となっている。ファニーさがちょっと苦手なら2ndより1stから入るとよろし。



☆Farmers Market / Musikk fra Hybridene
 (Kirkelig Kulturverksted FXCD 182) '97

いい加減な?地図。すっとぼけた超絶音楽。このレーベルでは完全に異質であるが、'90sを代表する大傑作。これでもかという複雑怪奇な展開をしながらドライブし続ける大道芸人音楽。とことん変でとにかく楽しい。しいて言えば、サムラファンは必聴の作品。Flairckファンにもお勧め。あ、Ne Zhdaliの粘っこさを薄めたら近い雰囲気かも。
奇跡の来日公演では例のメドレー"Tails of The Unexpected"をこのCDに収録されていたVersionの倍速近くで披露。我々の笑いを誘うと共に度肝を抜いた。"Kind of Blues"のおよよ、およよよよ〜んをやらなかったのが唯一残念だったぐらいか。なお、'95にサックス奏者が脱退したが、3rdの解説によるとメンバーを求めブルガリアに行き、電話越しにテープをきいてオーディションを敢行、1時間程の電話越しのジャムセッション後にグループ名に相応しく農夫のサックス/クラリネット奏者Trifon Trifonovを加入させている。(笑) この無駄と思える程の体力と忍耐力がFarmaers Marketのルーツと言って良いだろう。こういうバンドは世界中を捜してもそうそう見あたらない。こういうのを「世界最強」という。


☆Stian Carstensen Farmers Market / same
 (Bomba Records BOM 22119) '00

Kirkelig Kulturverkstedからではないが、ついでに載せる(笑)。
ドイツのWinter & Winterからのリリース。豪華特殊パッケージの3rd。2ndに比べると随分と大人しい印象であるが、テクノ・リズムとブルガリア、ジプシー、バルカン音楽等異種混合が実は激化。もはやジャンル不能のレベルに言っている作品と思われる。"Les Paul, More John"なんかZep/Kingston Wallファンも必聴。"Some fag Rag"の楽しさは随一。"Ornamental Boogie", "Trifonov's 5th"の恐ろしいまでのオリンピック並みのリズム感覚は兄貴系の皆さんにもお勧め。Liveの前半は3rdを中心に行われたような気がする。
なお、来日公演の際、Farmers MarketのCDを買うとWinter & Winterのカタログが貰えたのであるが、これが凄くレアな上に丁寧な大型カタログで知らないまま過ごしていた方が良かった(T_T)と思えるような充実した内容であった。いやぁ、しかし実に来日公演は凄まじかった。特にギターのおっさんの声の良さ(笑)、Stian Carstensenの神業的な指捌き、1人ダブルサックスおじさん、Ds./Per.の驚異的なリズム感覚、風貌はMetalながらも一番まとも?なベースの兄ちゃん、空前絶後の反射神経、しかも余裕でメンバー全員笑いながらの演奏...。私は音楽の本質をここに見た。しかも彼らLive終わったら客が退く前に会場で打ち上げ始めていたぞ。(^^; CDも元々入手できなかった人が多数の状況下(苦笑)、飛ぶように売れまくっていたのは当然と言えば当然だ。


☆Stian Carstensen / Backwards into The Backwoods
 (Winter & Winter 910 087-2) '04

GW中の神戸出張の際、入荷したてのホヤホヤ状態で中華街にあるリズムキングスでゲットしたFarmers Marketの中心人物Stian Carstensenのソロ作品。前作も名義は彼のクレジットの他にFarmers Marketの記述があったため、これは初ソロと思われる。但し、Farmars MarketのメンバーのDs.、Jarle Vespestadが参加している。この作品はOsloで毎年秋に行われるUltima Fes.ために書かれたものらしい。
オープニングの"Dimitri's Polynesian Vacation"から面白いリズムの組み合わせで引き込まれる。"Death of a Neutered Choir Boy"は何故かBondage Fruitの1stを思い出してしまうような曲であった。タイトル曲の小曲"Backwards into The Backwoods"はBanjoと軽快なDs.が小気味良い。"Solo Improvisation No. II〜III"のアコーディオンはLars Hollmerのソロを思い起こさせるような美しい曲。"Vlad Tape's Two-Step"は後半の高速フレーズがLiveで盛り上がりそう。
Farmers Marketと異なり、力業的に押しまくる展開は少なく、きついギャグも無しといった点でソロ作品と言って良いのかも。(^^;
なお、Farmers Marketは'04/6に奇跡の再来日公演を行う。昼公演を含む3公演はプログラムが全く異なるらしく、今から期待が大きく膨らむ。私は勿論全公演参戦予定。
詳細は: http://www.winterandwinter.com/

その他の重要参考サイト。
ここは日本語の北欧アヴァンギャルド/現代音楽の最高峰のサイトと思われる。Farmars MarketからSupersilent(下記参照)など人脈、音楽的背景など深く追求した究極サイトである。
http://www.grinningtroll.com/


Speed/Balkan/Boogie Musikk fra Hybridene SCFM/same Backwards into The Backwoods
Speed/Balkan/Boogie Musikk fra Hybridene SCFM/same Backwards into The Backwoods


Supersilent 6th☆Supersilent / 6 (Rune Grammofon RCD 2029) '03
Kirkelig Kulturverkstedではないが参考としてここに掲載。
Farmers MarketのDs.のJarle Vespestadが参加しているSupersilentの6th。なかなか店頭で発見するすべを知らなかったため半年ぐらい前にネットで入手した。
内ジャケは真っ白でミュージシャンのクレジットも無く、曲名は今まで一貫しているように"6.1", "6.2" ..., "6.6"となっていて無愛想(^^;。Norwayの暗部を覗いてしまったような音。"6.3"、ノイズの壮大なスケールで迫る"6.5"は怖いなぁ。(^^; 心を無にしてきくと面白いのであろうが、今の私にとっては難解なサウンドというイメージで体を通り過ぎてしまった。但し"6.6"は澄み切った美しさを感じた。数年後またチャレンジしてみようと思う。

詳細は http://www.runegrammofon.com

(渋谷一彦)
サイト(KIRKELIG KULTURVERKSTED)より転載させていただきました。