■公演
▲TOP
   Artists and Concerts/Performances アーティスト・公演
   Information インフォメーション 
   Questions & Comments  お問合せ・ご意見 ▲HOME
2005 Norwegian Jazz Week (2005年 ノルウェー・ジャズウィーク)
 ≫解説1 ≫解説2 ≫Message ≫Photo
■ ノルウェー・ジャズウィーク 4/8 〜 4/17(予定) 開催

■Real & True Live Series 2005 Norwegian Jazz Week (2005年 ノルウェー・ジャズウィーク)

今年はノルウェーと日本の修好100周年にあたります。それを記念して様々なイヴェントが開催されますが、音楽のフィールドでは「2005 ノルウェー・ジャズウィーク 」が 4/8 - 4/17 (予定)の間開催されます。

ノルウェーは王室はじめ国民全体として、ジャズ(といっても日本よりかなり広い意味でのジャズで、ポップ寄り、ワールド・ミュージック寄りのものも多い)にとても関心が高い国です。そういう背景もあり、非常に優秀なミュージシャンを数多く輩出しています。ガルバレク、リプダル、クリステンセン、モルヴァル、エンドレーセン、ヴェッセルトフトなど名前を聞かれた方も多いことでしょう。 Real & True でも既にFarmers Market 、Urban Connection (2回)、Susanna & the Magical Orchestraの公演を行ってきています。

今回は今をときめくメンバーが日本に集結します。常に変化し続けるジャズ・シーンの先頭を走る面々のまさに「旬」のライヴとなります。参加バンド・個人は多岐にわたる予定ですが、現在、以下のバンドの出演が決まっています。今後数週間の間に更にいくつかのバンド・個人の参加を発表できる見込みとなっていますので、是非ご期待ください。

■来日アーティスト
・Farmers Market ファーマーズ・マーケット
・Silje Nergaard シリエ・ネルゴール (「セリア」)
・Tord Gustavsen Trio トルド・グスタフセン・トリオ
・Atomic アトミック
・Thomas Stronen トーマス・ストレーネン

■チケット
・ 4/8 - 4/10 昼、4/12公演
  自由席  前売 6,000 円 ドリンク付 (整理番号付) / 当日 6,500 円 ドリンク付
・ 4/10 夜公演
  自由席  前売 4,500 円 ドリンク付 (整理番号付) / 当日 5,000 円 ドリンク付

チケット予約お申し込みは Office Ohsawa にメール(ticket@spn1.speednet.ne.jp 宛) にてお願い申し上げます。必ず、お名前、ご住所(郵便番号も)、お電話番号、ご希望日とご希望枚数をご連絡下さい。

■お問合せ
当公演の詳細、その他お知らせ事項などは随時Office Ohsawa のホームページ(http://www.bigstream.co.jp)に掲載致しますので是非ご利用ください。公演についてのお問い合わせはinfo@bigstream.co.jp 或いは 電話 03-3728-5690 までお願い致します。

主催:ノルウェー王国政府・在日ノルウェー王国大使館 (4/10夜公演 Office Ohsawa)
企画:在日ノルウェー王国大使館、Office Ohsawa (4/10夜公演 Office Ohsawa)
協賛:Universal Music Japan (4/8, 4/9 昼、4/12公演)
制作:Office Ohsawa


■ Farmers Market ファーマーズ・マーケット  ≫Song Samples

2001年と昨年5月に来日しているジャンル分け不能のスーパーグループ。 テクニックを超えた楽曲構成、インプロかどうかも分からない縦横無尽の演奏、会場からは多くの笑いをとるユーモア精神は世界中の公演会場で実証済み。 ブルガリアの民族音楽的フレーズを駆使しながらも、ジャズ的要素で全体構成されるその音楽はマイケル・ブレッカーをして「ここ一年で最も素晴らしい音楽」と言わしめた。実際、モルデ・ジャズ・フェス、北海ジャズ・フェスではブレッカーと共演、ブレッカーさえもついていかれないとステージで嘆かせた驚異の演奏。メンバーは一人がブルガリア人(サックス)、他(アコーデオン/バンジョー/カヴァル、ギター/ヴォーカル、ドラム、ベース)は全員トロンハイム音楽院出身。
http://www.farmers-market.net/multimedia.php

・公演日時
4/9 土曜日 18:30 開場 19:00 開演  東京新宿 Pit Inn
4/10 日曜日 13:00 開場 13:30 開演  東京新宿 Pit Inn


■ Silje Nergaard  シリエ・ネルゴール (日本での通称「セリア」) 

ノルウェーを代表する女性ヴォーカリスト。かつてポップシンガーとしてヒットし、来日したこともあるが、現在はヨーロッパ各国でも高い評価を得ているジャズシンガー。2月にUniversal Japan より最新CD発売予定(日本名は「セリア」)。その特徴あるヴォーカルは多くの人を魅了してやまない。イギリスのインデペンデント紙曰く「彼女の声は甘いが、その甘さは子供のキャンディーのものではなく、ブラック・コーヒーとそのあとに続くお約束とともにいただく夕食後のキャンディーだ。」
http://www.siljenergaard.com/

・公演日時   4/9 土曜日 13:30 開場 14:00 開演  東京新宿 Pit Inn

photo: Mathias Bothor  


■Tord Gustavsen Trio トルド・グスタフセン・トリオ ≫Song Samples

ピアノ、ダブルベース、ドラム(ドラマーはFarmers Market のJarle Vespestad) のトリオ。ECM より二枚リリース済み。静謐で、音を良く選んだ若手トリオ。 聞きやすい曲ながらも陳腐に陥らず、近年では珍しいシンプルで多くの人に訴える要素を持つ。ノルウェーの新星でありながら、既に北海ジャズフェスなどにも出演を果たし、名前を轟かせている。アメリカではECMとして最大規模のCDセールスを記録。初来日。 http://www.tordg.no/trio/

・公演日時  4/8 金曜日 19:30 開場 20:00 開演  東京新宿 Pit Inn

photo: Werner Anderson 


■Atomic アトミック  ≫Song Samples

個人としてそれぞれ強力な技ありの5人からなるハイテンションのフリー(ニュー)・ジャズグループ。ドラマーは今年ノルウェーのジャズ業界挙げて支援する人物、ダブルベース奏者も昨夏開催されたノルウェーのコングスベルグ・ジャズ・フェスで最高賞を受賞、ピアニストは同フェスのレジデント・アーティストに指名されている。メンバーそれぞれが多方面で活躍する今が旬のグループ。類稀なインストルメンタル・サウンドで圧倒する。日本盤の新譜がUniversal Japan より2月発売予定。レーベルはJazzland。ドラム、ダブルベース、サックス、トランペット、ピアノの構成。初来日。 http://www.jazzlandrec.com/atomic_bio.html

・公演日時   4/12 火曜日 19:30 開場 20:00 開演  東京新宿 Pit Inn


■Thomas Stronen/巻上公一

Thomas Stronenノルウェーで多方面で活躍するドラマーThomas Stronen と日本のヴォイス・パーフォーマー 巻上公一が共演します。Stronenはグルーヴ感のあるリズム系音楽、ジャズ、エレクトロニック、フリーインプロ音楽まで幅広く演奏します。ドラムの他にしばしばサンプラーやいろいろな種類のベルを利用し、彼自身は「大きなフォームとコミュニケーションに注意を払うメロディックタイプのドラマーだ」と語っています。近年のメイン・プロジェクトとしてはイギリスのIainBallamy(サックス、Bill Bruford と初期Earthworks で一緒)、ノルウェーのArve Henriksen(トランペット、Farmers Market のStian Carstensen ソロ・バンドメンバーでもある)及びMats Eilertsen(ベース、最近 リーダー作として"Turanga"を発表 しているが、ここでもStronen が一緒) とFood というバンドがあり、CDを3枚リリースしています(最新作"Veggie" はノルウェーのグラミー賞ベスト・ジャズ・アルバム部門でノミネート)。Stronenはこれ以外にもBobo Stensonや今回Atomic として来日するFredrik Ljungkvist、Stale StorlokkenとParish というグループで活動しているほか、数多くのセッション、録音に参加している引っ張りだこのミュージシャンです。

巻上公一(以下、巻上公一オフィシャルサイトより引用させていただきます)
巻上公一はヴォイス・パーフォーマーとして世界各国のフェスティバルに参加、一緒に演奏・録音したミュージシャンも高橋悠治、三宅榛名、梅津 和時、デレク・ベイリー、ジョン・ゾーン、ローレン・ニュートン、カール・ストーン、デイヴィッド・モス、イクエ・モリ、フレッド・フリス、トム・コラ、ジョン・ローズ、ベンチャーズなどと多く、活動範囲が大変広いことで知られています。ヒカシューのリーダー・シンガーとして、或いは梅津和時率いるベツニ・ナンモ・クレズマーなる東欧のユダヤ音楽をレパートリーにするバンドでもリード・シンガーをつとめています。95年にはロシア連邦トゥバ共和国のホーメイ(ひとり二重唱)・コンテストに参加、特別賞を受賞しています。

・公演日時   4/10 日曜日 17:00 開場 17:30 開演  東京新宿 Pit Inn


■特別公演 奇想天外抱腹絶倒ライブ

Farmers Market (ファーマーズ・マーケット) + Thomas Stronen/Stian Carstensen/Nils-Olav Johansen (トーマス・ストレーネン+スティアン・カシュテンセン/ニルスオラフ・ヨハンセン ) + MOTO + おいかどいちろう

本国ノルウェーでも見ることができない特別編成 3人ユニット(トーマス・ストレーネン+スティアン・カシュテンセン/ニルスオラフ・ヨハンセン)の他、Pit Innでの4/9, 4/10 公演とは違う趣向・曲目でFarmers Market が公演するとともに、昨年Farmers Market 東京公演のオープニングアクトをつとめた「MOTO(素)」が天衣無縫のダンサー「おいかどいちろう」を連れて登場します。二度とできない特別公演となります。

・公演日時:   4月13日 水曜日 18:00開場 18:30 開演
・会場:     渋谷 Shibuya O-Nest
・チケット:    自由席 前売 5,000 円 ドリンク別 (整理番号付)