■公演
▲TOP
   Artists and Concerts/Performances アーティスト・公演
   Information インフォメーション 
   Questions & Comments  お問合せ・ご意見 ▲HOME
Real & True Live Series Pauliina Lerche パウリーナ・レルヒェ公演
  ≫リンク ≫Song Samples

■ 2007年11月13大阪、14日京都、16日、17日、18日東京
Pauliina Lerche パウリーナ・レルヒェ公演


Pauliina Lerche パウリーナ・レルヒェ公演フィンランド・カレリア地方出身のヴォーカリスト・アコーデオン/カンテレ奏者  元ヴァルティナ・メンバー

民族音楽や伝統的な風俗が色濃く残る同国東部のカレリア地方出身。
ワールド・ミュージックのフィールドで世界中のファンを魅了する「ヴァルティナ」の初期メンバーとして活躍した後、ソロや他のバンドのメンバーとして幅広い音楽活動を展開。そのオリジナリティーあふれる音楽は世界中で高く評価されている。

・来日メンバー
Pauliina Lerche - パウリーナ・レルヒェ accordion, vocals, kantele
Hannamari Luukkanen - ハンナマリ・ルーカネン violin, vocals
Tuomas Logren - トゥオマス・ログレン guitar, dobro
Jukka Kyllonen - ユッカ・キロネン guitar, percussion
Timo Pekonen - ティモ・ペコネン  bass

 

 


■大阪公演
・ 日時: 11月13日(火) 19:00 開場 19:30 開演
・ 会場  大阪 Knave http://www.knave.co.jp/
・ チケットのお申し込み 
Knave電話 06-6535-0691
自由 前売 4,500円 当日 5,000円 ドリンク別  (オープニングアクト:Lokki)

■京都公演
・ 日時: 11月14日(水) 18:00 開場 19:00 開演
・ 会場  RAG http://www.ragnet.co.jp/
・ チケットのお申し込み   8/11 より
RAG 電話 075-255-7273 info@ragnet.co.jp
  自由 前売 4,500円 当日 5,000円 ドリンク別  (オープニングアクト:Drakskip)


■東京公演
・ 日時: 11月16日(金) 18:00 開場 19:00 開演
・ 会場  吉祥寺 スターパインズ・カフェ
・ チケットのお申し込み
 チケット予約発売 7/14より 
 Office Ohsawa ticket@spn1.speednet.ne.jp 電話03 3728 5690
 自由 前売 5,500円 当日 6,000円 (全て整理番号付) ドリンク別  (オープニングアクト:かとうかなこ)

・ 日時: 11月17日(土) 18:00 開場 18:30 開演
      11月18日(日) 15:00 開場 15:30 開演
・ 会場  中目黒 楽屋(らくや)
・ チケットのお申し込み
 チケット予約発売 7/14より
  Office Ohsawa 03 3728 5690 ticket@spn1.speednet.ne.jp
  自由 前売 5,500円 当日 6,000円 (全て整理番号付) ドリンク別

・ 17日、18日両日とも終演後、サイン会の予定

・チケットのお申し込みはお名前・ご住所・ご自宅電話番号・公演ご希望日・ご希望枚数を必ず明記して、上記メールアドレスに送付いただくか、お電話にてお伝えください。Office Ohsawa で取り扱いのあるチケットにつきましては、折り返しメール或いは直接電話にてお支払い方法など詳細をお伝えいたします。

・お問合せ
公演についてのお問い合わせは、
info@bigstream.co.jp 或いは 電話 03-3728-5690 までお願い致します。

耳に心地よく届くパウリーナの音楽はカレリア地方のフォーク・ミュージックの伝統に基盤を置きながらも、いわゆる淡々と歌い上げる調子のものではありません。だからといって、どこにでもあるようなコマーシャリズムを最初から意識したような音や、特定のジャンルにこだわるマーケットに媚びた音楽でもありません。彼女の身体からごく自然に湧き上がる気持ちが何のてらいもなく、素直に聴く者の心の深いところに届く、そういう今となっては「稀な」音楽です。現代の世界中のあらゆる音楽の要素を含みながらも、ユニークさはまったく失わず、一度聴けば耳に焼きつく素晴らしいフレーズを繰り出しながらも一切の陳腐な表現からは自由だという、現代では極めて難しいポジションに位置しています。それも無理がなく、自然体で、美しい。この類い稀なアーティストの生の姿を是非ご自分の耳と目でお確かめください。

・ 企画制作:
Office Ohsawa http://www.bigstream.co.jp/music/index.html
Blog http://invs.exblog.jp/

以下、パウリーナの最初のアルバムから数曲試聴できる。
http://www.bigstream.co.jp/sample/pauliina.html

Tobias Records より発売されている日本盤には、彼女の二作目となる"Malanja"の曲の他、一作目からも数曲がボーナストラックとして追加されている。"Malanja"も一部試聴できる。http://www.besection.com/pauliinalerche/index.html

 


* 東京公演 オープニング・アクト  かとうかなこ

かとうかなこ1979年生まれ。 大阪府豊中市在住。 4歳からアコーディオンをはじめる・・・。 17歳で『全日本アコーディオンコンクール』 総合優勝。高校卒業後すぐにフランスに渡り、パリ市立音楽院、 CNIMA国際アコーディオン学院入学。在学中には『全仏コンクール』でも第1位を獲得する。

卒業後、沢田研二・藤山直美の音楽劇で共演。全国のホールでのコンサートを中心に、病院や小学校、また旧建築や酒蔵、民家などの歴史的な建造物でのアコーディオンの響きも大切に活動している。 2002年10月 ラジオの特別番組では、リシャール・ガリアーノやクレモンティーヌとのセッションを行うなど5夜連続6時間の番組を担当。ソロアルバムは3枚リリース。アルバムの楽曲は、“世界の車窓から”など、多くのテレビ番組で数多く取り上げられ、番組プロデューサーの中でも話題となる。NTTドコモのラジオCMにも楽曲を提供。 アコーディオンの可能性を常に追い続け・・・ 海外アーティストとの共演を行う。 イアン&キャレン(Englnd)、アレ・メッレル(Sweden)、 ヨハンナ・ユホラ(Finland)など。 また2005年より、ソロプロジェクトをスタート。 ライブハウスで90分の フルステージを完全に一人で演奏。 その他、奄美島唄の朝崎郁恵のサポート。 フランスの名車「ルノーキャトル」とのコンセプトアルバムの制作。関西のアコーディオニストが集結した「ミュゼット・フェスティバル」もプロデュース。 とにかくアコーディオンが大好き。自分のアコーディオンには全て名前をつけ、80歳を過ぎても演奏し続ける事が目標。

2000年、ACF全仏アコ・コンクール・フリーベース部門 スーパーモアイヤンの部第1位、2001年、 ACF全仏アコ・コンクール・フリーベース部門 オナーの部第1位。